イベント

アメリカン・ピクニックデイ2015 -その6-

投稿日:

所さんの世田谷ベース『アメリカン・ピクニックデイ2015』のその6。

結構、このガチャの機械が壊れてるのが、Blogのネタになっていたりします。
中身の缶バッヂは手売り、購入に行列を作っていました。
手売りでも、中身は選べないのですね…(笑)
見えるなら「選ばしてくれよ~」と、ちょっと思ってしまいますが。

今回は、撮影は随分とセーブしたつもりだったのですけれども、結構な枚数があるのに自分でもビックリ。
250枚ほどしか撮影していないのですが…
いつもなら500枚以上、モーターショーだと1000枚以上は撮ります。

この世田谷ベースのイベントは、比較的のんびりとした雰囲気なので、他の自動車ショーなどと比べても余裕がかなりあります。
なので今回は、設定のマニュアル撮影に挑戦。
マニュアルで設定を細かく変えながら、何枚か撮影してみました。
フラッシュの有り/無しなども交えながら。

幸か不幸かお天気は曇り、太陽が出ていなくドンヨリ気味、いろいろと試すには絶好のシチュエーションです。
太陽が出ていれば、全てオートでまず失敗はありません。

1回目の世田谷ベースでは、所さんの所有車と出展店舗のデモカーなどの展示がメイン、2回目の今回は一般の人の車両展示が加わりました。

所さん、何台の車を持っているんだよと言うくらいに車を持っていますけれども、それでも毎年開催していけばマンネリ化して限界があるのは確かです。
となると、一般人で博物館モノの車両の展示となるのも当然でしょう。

トヨペット・クラウン、2代目のクラウンかな?

こちらも2代目カローラ、E20型ですね。

発売当時は大衆車で、ゴロゴロとたくさん走っていましたが、50年近くここまで残るのは大衆車ゆえに珍しいのです。
だいたいは、ほとんどは10年超で壊れて廃車にされてしまいます。

最近だと、13年超は自動車税や重量税が値上げされてしまいますから、こういう価値が薄い大衆車ほどに潰されてしまいます。
だから、高価なスーパーカーよりも残らないというわけです。

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.