イベント

台風一過の海上

投稿日:

本日は台風が関東地方をかすめて通り過ぎる中、ヤマハから試乗のお誘いが来たので横浜ベイサイドマリーナへ行って来ました。
昨年、アウディR8を試乗させてもらったトコです。

そういえば、昨年のアウディ試乗会の時も午前中は大雨で荒れていたっけ…

事前予約の際に、25日は台風が接近するから船は出せないかも、という条件はいただいていました。
実際、マリーナは赤旗でした。

ですが午後になると急速に天候は回復、見事な青空が広がります。
ということで、出航です。

試乗のボートはヤマハ「EXULT(エグザルト)36」、3ヶ月前に発売されたばかりの新型とのこと。
数字の通り36フィート、全長11.29mでVOLVOの4,500ccエンジンを2基搭載したサロンクルーザーです。

ヤマハは、音叉(おんさ)3本を重ねたそのコーポレートマークが示すように音響機器のメーカーですが、オーディオ機器やピアノなどの楽器の製造の他、トヨタのエンジンを作ったりマリンスポーツ等、多くの関連会社を持つ会社です。
車で有名なところでは、LFAのV10エンジンはヤマハ発動機が担当しています。

でも、このエグザルトに搭載されるエンジンはVOLVOなんですね。
船舶エンジンではVOLVOは有名です。

このエグザルトの最大の特徴は、低速ならステアリング脇のジョイスティックで操作ができること。
真横移動ができるために離接岸が初心者でも簡単にできるところです。
まるで、ゲーム感覚!

防波堤を抜けるまではジョイスティック操作で進みます。
が、やはり台風がかすめた直後だけに防波堤の外側は大荒れ…東京湾内と言えども。
横揺れを防止するジャイロを装備しているとのことですが、エンジン始動後20分以上経たないと動作しないとのことで、前後左右に大きく揺れます。
立っていると、手すりをつかんでいないと放り出されてしまいます。

でも、楽しい!
やはり、乗せてもらうと欲しくなってしまいます。

それに、このエグザルトは格好イイし!
すでにマリーナには、2艇が売れており係留されていました。

桟橋に係留されていますと36フィートは大きく、28フィートくらいの方が手頃に見えますが、海上に出るとこのくらいの大きさがあった方が安心感があります。
でも、お値段が…

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.