イベント

44th東京モーターショー TOYOTA -その3-

投稿日:

東京モーターショー2015のトヨタブース、その2です。

トヨタは2回で収まりませんでした、それだけ多くのモデルを展示していました。
これでも、他の市販モデルは素通りしているのです。
細かく1台1台を時間をかけて見ていたら、絶対に1日では見終わりません。
フランクフルトショーとか、会場がメチャクチャ広くて1日で回るのは無理と言われています。
セグウェイみたいなので、会場内を移動すると言いますよね。

Toyota S-FR

「ヨタハチ」の再来と言われているコンパクトスポーツカーです。

その名からも、Toyota86の北米輸出名が「サイオンFR-S」、「MR2/MR-S」といったトヨタの小型スポーツカーの系譜にあることが判るかと思います。

元々は86/BRZの開発初期において、「AE86のような、若者が買える価格帯で軽量コンパクトスポーツカーを造ろう」というものでした。
ところが実際に86が出来上がってみると、開発費がかさみ価格は250万円~、1350kgと決して軽くは無い車重…

結果、86/BRZの購入者はかつてAE86に乗っていたオジさん世代が圧倒的に多いという事になってしまったものです。
そこで再度、200万円以内で買える安くて軽量スポーツを造ろう、という企画が上がったものです。

ところが、今のトヨタには5ナンバーサイズに収まるFRのベースシャーシがありません、だから86はインプレッサベースになったものです。
しょうがないので、ヴィッツ/アクアのシャーシをベースに、FR化するという荒技に出ます。
これで、アクアの皮を被りホイールベースを詰めたツギハギの車両がスクープされていました。

このモデル、かなり市販までの完成度が高くなっていましたが、衝撃的なことが起こってしまいます。
2015年5月に発表された、トヨタとマツダの提携です。

マツダには、同じようなコンセプトでFRのモデル「ロードスター」が存在します。
価格も接近しており、むしろこのS-FRの方が安いことからも、市販化されればロードスターの顧客を喰うことは目に見えているわけです。

限られた2ドアクーペの市場のパイを食い合うことになれば…
ロードスターも窮地に立たされますし、S-FRの方も販売目標台数に達しない、と予想するのは素人でもそう難しいことでは無い。
S-FRはFFを無理してFR化するわけですから、相応のコストはかかるわけです。

これで7月には、S-FRの生産を予定していた川崎重工への委託契約が解除されたとの報道が出ます。
従来のトヨタ車とは構造が違うことから、既存のトヨタ系の生産ラインには乗せられない、このためS660のような半ばハンドメイドで生産する方式を考えていた模様です。

その他の周辺状況から、このS-FRの市販化計画は白紙撤回されたと見られています。
ネット上では、「ぜひ市販化して欲しい」「反響が大きければ市販化あるのは?」などの声が出ていますが、このモデルの市販はありません。

それよりも、マツダとの提携でロードスターをベースとしたトヨタモデルが出て来る可能性の方が高まりました。
実際に、すでに北米ではデミオのOEMで、トヨタ顔のデミオ「サイオンiA」が販売されています。

トヨタにしても、「フィアット124スパイダー」のようにマツダへ生産を丸投げした方が、リスクは少ないと言うことです。
ロードスターのクローズドボディとして、このS-FRのデザインエッセンスを織り込んだトヨタモデルが出て来る可能性はあります。

でも、このデザインってダイハツっぽいですよね、コペン風な。
サイドからのシルエットは、「TE800 Spyder」がモチーフになっているようです。

Gazoo Racing YARIS(ヴィッツ) WRC テストカー

五大陸走破プロジェクトで使用したランクル(豪州仕様)

これほど、泥だらけが似合う車も少ないでしょう。
ランクルかサファリか、Gクラスかってところでしょうか。

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.