イベント

45thTMS2017 トヨタ車体 LCV

投稿日:

45th東京モーターショウ2017、トヨタ車体「LCV(ライト・コマーシャル・ビークル)コンセプト」です。

トヨタ車体と聞いてもあまり一般には馴染みが無いかもしれませんが、ランクル、ハイエースを実際に作っている会社、と言えばこのコンセプトモデルも納得かと。

ですのでこの出展車両も、将来のハイエースと言われています。
商用車として使いやすさと快適さを追い求めたマルチバン、だそうです。
まぁ、ハイエースとして車体のデザインと言うよりも、カーゴスペースの提案という方がメインのようですけど。

ハイエースのフルモデルチェンジは、途上国では旧型との修理部品の互換性なども求められますから、時代に応じて進化したいけれどもなかなか手を入れられないというのも現状にあるので難しい。

トヨタ車体では、アルファード/ヴェルファイアにノアVOXY/エスクァイア、エスティマといったミニバンも生産していることから、これらの次期モデルにこのデザイン思想が受け継がれる可能性もあるとは思いますが。

低床化と上下2段のバックゲートなどは、あるかもしれません。
でも、ホンダのステップワゴンの"わくわくゲート"って、評判はどうなんでしょうね?
あまり、ウェブカタログでもアピールされていないのですけども。

このモデルは、配送用の「カーゴ・コンセプト」。

車体の大きさはハイエースよりも小型ながら、低床化でカーゴ高はハイエースと同じになっているそうです。
コレにより街中での小回りが効き、女性でも宅配の小口配送がやり易くなっているそうです。

そう言えば、今の宅配のトラックは床が高く、乗り降りを日に何度も繰り返すのはキツそうですものね。
これ、クロネコヤマトの新しい配送用バンにいいんじゃないの?

ビジネス用「ビジネス・ラウンジ・コンセプト」

こういうラウンジ仕様のフォーマルミニバンってちょっと憧れますけども、オーナーは絶対に運転手になっちゃうんだよねぇ。
まず、自分が後部座席に座ることは…無い。

車いすアスリート用「アスレチック・ツアラー・コンセプト」

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.