イベント

45thTMS2017 SUBARU VIZIV

投稿日:

45th東京モーターショウ2017、スバル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」です。

開会直前に日産同様の完成車無資格検査がバレたスバル、日産ほどには目立っていないようですが、会場にはお詫びコメントが掲載されていました。

最近は、日本を代表するような一部上場の会社が、次々と不正に手を染めていたという不祥事が明るみに出ています。
現場レベルでは厳しいコスト要求とノルマ、これに耐えきれずに「ちょっとくらいいいだろう」と、やってしまうのでしょうけども。

これって少し前に、耐震偽装とか賞味期限切れの食材の使い回しとか、中小企業がやっていたことですよね。

日産にしろスバルにしろ、東京モーターショーの直前でコレが出てしまったのは不運としか言いようがありません。
これのおかげで業界全体の信用失墜、盛り上がりにイマイチ欠ける結果となっていますから。

今回の45th東モでは、多くのメーカーがコンセプトモデルはEV化を前面に押し出して来ているのですが、唯一スバルだけはガソリンエンジン推しです。

外観は、次期STI(インプレッサセダン)のデザインスタディだとされています。
リアフェンダーあたりの盛り上がりは、鹿あたりの後ろ足の筋肉をイメージしているらしい。

スバルも、マツダ同様に"顔"が決まってきたように感じます。
フロントマスクを見るだけで、スバルの車だと判るような。

6角形のフロントグリル、ボクサーエンジンをイメージした"コ"の字型のヘッド&テールライトなど。
ボンネット上のエアインテークも、スバルのアイコンとして定着しています。

ただ、ボンネット上のエアインテークは空力を悪化させることからも、今の時代では善し悪しが言われています。

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.