イベント

SIS2010 レポート vol8 「X-Bow」

投稿日:

このブースはZOOMという会社の出展で、オーストリアのオートバイメーカー「KTM」初のスーパースポーツカー「X-BOW(クロスボウ)」の展示です。

というか、この車はそのテクニカルデータからまさしくバイクのような加速が想像でき、そんなにスゴイ車だったのですね。
現代の「ケーターハム スーパー7」といったところでしょうか。
ちゃんと、日本国内でもナンバーが取得できるようです。

何と言ってもココはキャンギャルのオネーサンの質がいずれも高く、そちらへ目が釘付けとなっていました。
車の印象がほとんどありませぬ。
みんなスラッと背が高く、巨乳で胸の谷間を見せてお尻のラインも強調しているんですもの。
実際に、このX-BOに興味を示す人よりも圧倒的にオネーサンに向いているカメラの方が多かったですし。

車に興味がある方は、X-BOWのウェブサイトを覗いてみてください。
会社は厚木にあるそうです。
ウェブサイトのカウンターがほとんど回っていないことから、オネーサンの写真を撮ってもサイトへは飛んでいないことが判ります…(笑)
本当に宣伝になっているのか?、ちょっとギ・モ・ン。

たぶん、このオネーサンがこの日の会場内でイチバンの美人。
スタイルも抜群でした。

人によっては、こちらのオネーサンも「萌え!」でしょうか?
ロリ巨乳が好きな方には一押しカモしれません。

今回は、完全に自動車ショーのレポートではありません。
ただ、全体的にここまでのキャンギャルを用意しているブースは2~3社で、昨年に比べても少なかったです。
ハデさという意味からは、全体的には少し地味な印象は受けました。

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.