EUメーカー

ベンツSLS AMG 4ドアクーペ

投稿日:

どうやら、『SLS AMG』に4ドアクーペの計画があるらしいです。

2012年2月9日にダイムラーAGからSLS AMGの4ドアクーペの特許が出願されたようです。
って、ちょっと待って…

コレって、そのまんま「マツダ RX-8」じゃん。
違うのはガルウィングかどうかだけ。

奇しくも「RX-8」は2012年6月で生産を終了、後継車と言われている「RX-9」も出るのか出いのかその姿は未だに見えてきません。

それよか、マツダの2012年3月期連結業績予想は営業損益が400億円の赤字となり、最終損益は1000億円の赤字と4期連続の最終赤字が避けられない見通しです。
これで増資と三井住友銀行などから合わせて1400億円の"輸血"が必要なくらいに重症で、会社の存続すら危うい状況にあります。(安易な増資は株式の価値が薄まる)
EUでCX-5がコケれば、明日は無いでしょうね。

EUでは高額なスタイリッシュ4ドアや、スポーツカーSUVが人気で勢いがあるのに、RX-8は生産を終了しなければいけないというのは皮肉でもあります。

メルセデス・ベンツが初代SLKの開発時に、ホンダCR-Xデルソルのメタルトップ開閉機構を徹底的にバラして研究したのは有名な話。
おそらくは、今回もRX-8の観音開き後部ドアの構造などは研究されているのでしょうね。
この形は、即突時の強度を保つのが難しいはずですから。

このクラスですから、「ポルシェ・パナメーラターボS」や「アストンマーティン・ラピード」がターゲットといったとこでしょうか。
でも、スタイリッシュ4ドアだったら、ラピードを買うかな…

マツダSHINARIは、EU勢の動きを指を咥えて見てるだけ。

-EUメーカー

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.