EUメーカー

次期ベンツCLS63 AMG

投稿日:

現行型のCLSは2004年に新規に導入され、スタイリッシュ4ドアクーペというジャンルを確立しました。
その流麗なスタイルは、5年が経った今なお人気です。

その後、ポルシェ・パナメーラやアストンマーティン・ラピード、そしてこれから登場してくるアウディA7といった類似のコンセプトを持つモデルが登場してきています。
かつては日本車にもカリーナED/コロナEXIV、カローラ・セレス/スプリンター・マリノ、日産プレセア、マツダ・ペルソナといったようなモデルがありました。
これらはピラーレスハードトップで衝突安全基準の強化で消えていきましたが、現在ではマツダRX-8が「4ドアクーペ」といったような同様のコンセプトを持っています。

で、初代が商業的に成功したベンツCLSは6年のモデルライフで次期型へとフルモデルチェンジをします。
登場は来年、2010年後半で2011年モデルから新型へとなります。

ライバルが大型化の高級路線を進んでくるためにそれに対抗して次期型CLSも大型化。
現行がEクラスのシャーシをベースにしてスタイリッシュなデザインにしたためにキャビンが狭く不満が出ているのに対して、Sクラスのシャーシをベースとして大型化してワンランクカテゴリーを上げて居住性も確保しようというものです。
と同時に、Cクラスのシャーシをベースとしたスタイリッシュ4ドアクーペを新設、上級化したCLSの穴をこのモデルが埋めます。

写真のテストカーは、この次期CLSのAMGモデルと見られています。
というのもブレーキが大型化されドリルドローターが装備されています、リアもマフラーが左右2本出し。

エンジンはE63と同じ6208ccのV8、525馬力は0-100km/hを4.6秒で駆け抜けます。
ミッションも同じく7G-TRONICスピードシフトMCTとなります。

これだけ擬装をされていると、スタイルはほとんど判りませんね。
ヘッドライトがL字型からSクラス似の吊り目へ、ウィンドウシルエットはそのまま継承、ドアミラーがボディから立ち上がる高速タイプへ変わる点が判る程度でしょうか。
基本、キープコンセプトみたいです。

こちらは現行型。

-EUメーカー

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.