EUメーカー

次期Aクラスの画像リーク

投稿日:

2012年にもフルモデルチェンジ予定の次期Aクラスの画像がリークされた模様。

すでに上海モーターショーでは『コンセプトAクラス』として大まかな外観は公表されていますが、こちらはまんま市販Verと思われるAクラス。

このスタイルを見る限り、今までのサンドイッチ構造のフロアを持つシャーシは廃止されるのは確実。
普通のコンパクトハッチになってしまっています。
どことなく、「レクサスCT200h」にウィンドウシルエットなどが似てるんですケド。
サイドのキャラクターラインは、のぺーっとしたレクサスに比べてAクラスの方が複雑ではありますが。

Cクラス顔のレクサスCT200h?

アウディA3やBMW1シリーズにも似てしまいますね。
今までAクラスは独特な雰囲気を持っていたのですが、それが失われてしまっています。

レクサスCT200hが、CT300hとCT400hの高性能Verが準備されているという噂もあることから、Aクラスにも6.3LのAMGエンジンを積むのでしょうか?
このボディに500馬力ってまぢですか、、、

一時期、カローラ(オーリス)とシャーシを共有するためにトヨタとダイムラーが接触しているというニュースを日本経済新聞がすっぱ抜きましたが、同じくオーリスをベースとしているレクサスCTに似ているというのはそーゆーことなのか…!?
シャーシを共有しないにしても、このAクラスにプリウスと同じハイブリッドシステムが乗ることもあり得るかもしれません。

どうしても、ハイブリッドを開発するにはトヨタの特許に何かしらが抵触するということなので、開発が遅れているメーカーならトヨタからシステムごと買ってしまえと考えるのが普通。
エコカーの本命は電気自動車ですから、そこまでの繋ぎと考えるのならその方が早いです。

EVの性能は電池の性能で決まりますから、HVで電池の技術を磨く方へ資金を投じた方が正しい判断なのかもしれません。

さて次期Aクラス、実車はどんなもんでしょうか。
それより先、今年の9月のフランクフルトショーではBクラスが先行してフルモデルチェンジします。

-EUメーカー

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.