EUメーカー

Mercedes SLS 63 AMG

投稿日:

このモデルは過去にSL-Rの次期モデルとか、ベンツSL-Cといった名前でその開発の存在がスクープされていたものです。
ここまで完成度が高く、テスト風景が撮影されているところを見ますと、正式な名称は「SLS 63 AMG」で決まりのようですね。
AMGが一貫して開発から生産までを担当しているようです。
メルセデス・ベンツの最高峰グレードに位置するAMGブランドからの発売で、見ても解るとおりガルウィングドアは明らかに往年の名車「300SL」を意識したモデルです。

ちなみに、厳密に「ガルウィング」と呼ばれるのは、このSLSのようなカモメの翼のように開くドアのことで、300SLやバック・トゥ・ザ・フューチャーのデロリアンのようなドアの開き方をするモデルのこと。
一般的に知られるランボルギーニ・カウンタックやディアブロのような垂直に前上方へ上がるモノは「ポップアップ・ドア」、ベンツSLRやマクラーレンF1、トヨタ・セラのように斜め上方へ上がるモノは「バタフライ・ドア」「インセクトウィング・ドア」と呼ばれます。
「インセクト(Insect)=昆虫」ですので、セラがドアを開いた姿が鈴虫のように見えるわけです。

SLS 63 AMGはアルミニウムスペースフレームを採用。総重量は約1620kg、前後重量配分は48対52。
覆面をされてはいますが、テスト車両はかなり低いボンネットに長いノーズであることが判ります。

エンジンは低重心化のためにフロントアクスル後方の低い位置へ、フロントミッドシップにレイアウト。
従来のAMG63と同じ6208ccのV8ですが、ドライサンプ方式やマグネシウムインテーク採用などの専用チューンで最大出力571ps/6800rpm、最大トルク66.3kgm/4750rpmを発生。
トランスミッションは、リアアクスルに配置するトランスアクスル方式としてAMGが新開発したデュアルクラッチ7速2ペダルMT「AMGスピードシフトDCT-7」。

シートやドアトリム、アームレストにはハンドメイドで縫製されたデジーノレザーを採用。上質なナッパレザーが使われ、カラーはブラック/クラシックレッド/サンド/ライトベージュの5色が用意されます。
ピラーやルーフライニングは、アルカンターラ張り。
装飾パネルはシルバーのメタルパネルが標準ですが、オプションでカーボンパッケージも選択できる模様。

オーディオはB&O。ドルビーデジタル5.1ch仕様で1000Wアンプの11スピーカー、250Wサブウーハーx2で構成されます。

09年9月のフランクフルトで発表、2010年に発売の予定。

これだけイメージビデオ風に仕上がっていると言うことは、メーカーがティザー広告として意図的に流しているんじゃないかなぁ、と思うのであります。

-EUメーカー

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.