イベント

肉!行くぜっ!!

投稿日:

『肉フェス2015春』、「食戟のソーマ」とのコラボ企画。

お腹に余裕があれば、食べてみようかとも思っていたのですが、ステーキ重視で行ったことから余裕が出来ず…
注目度は、コスプレのせいもあって高かったようです。
TVカメラの取材とか、結構入っていました。

まさか、人物を撮るとは思っていなかったことからフラッシュ無し、逆光で影になってしまっています。
ちょっと、惜しい!

同じくアニメコラボ、「涼宮ハルヒの憂鬱」でスピンオフ作品の「長門有希ちゃんの消失」。
トーゴ大使館、って何でトーゴ大使館なの?

こちらは…!?
コスプレは、してないの?

さて、お肉を食べ比べに来たので、片っ端から行けるところまで食べます。
普段は、お値段や地理的に食べに行けないようなところから。

まずは、
「肉の匠 将泰庵」A5ランク和牛炙り握り 1,400円/4貫

和牛の握りって食べたこと無かったので、真っ先にこれを選択。
個人的には、甘くて柔らかく口の中でとろけるようなお肉で、好きかなぁ。
印象としても一番良かった。

「門崎熟成肉 格之進」熟成肉のステーキ 1,400円/4切

昨秋の昭和記念公園でやっていた肉フェスのチャンピオン、とのことですが…
肉は冷えて硬くイマイチ、本当にチャンピオン?

全体的にこの肉フェス、ステーキ類は作り置きしているせいか、冷めてしまい硬い。
肉は一度焼いてしまい冷めると、硬くなってしまいます。
お店だと、熱い鉄板に乗ってジュージュー言いながら焼きたてが運ばれてきますよね、そこが違うところ。

こういうイベントで不幸と言えば不幸なんだけど、あまり肉の印象としては「とろけるように美味しい」とは言い難いところがあります。
「亀戸ホルモン 恵比寿店」牛タン赤ネギ焼き 1,400円/4切

こちらも、やはり肉が冷めてしまっていて硬いという印象。
辛みの赤ネギは、食欲を増すのですが…お値段のワリには。

「中目黒ステーキ なぐら」黒毛和牛のタリアータ野菜ソース仕立て 1,400円/4切

これも、肉が冷めてしまっていて硬い…
確かに良い肉を使っているなというのは感じるのですが、それが生かされていない!?
ソースがいいだけに、ね。

全体的に、ステーキは不味くは無いのですけれども、冷めていて価格のワリには満足感が低いという感じです。
この初日は、ガラガラでお客が少ないことから作り置きした回転が悪かったことが、焼いた肉が冷めてしまうという状況となり、印象としては悪くなってしまったかも。

価格が割高なだけに、お値段のワリには…というのが多かったデス。

お肉、さらにつづく…

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.