イベント

43rd東京モーターショー -SUZUKI-

投稿日:

43rd東京モーターショーの4輪最後は「スズキ」。

まずは「ハスラー・クーペ」、右にチョコッとだけ見えている二輪は「リカージョン」。
やはり軽の分野でも、クロスオーバーSUVがこれからのトレンドなのか?

スズキのブースでは、70-200mmの望遠が活躍しています。
ステージ上の車までが遠かったため、標準レンズの24-70mmでは車まで微妙に届きません。
なのでレンズを換装、結果として展示車両までは90~100mm程度の望遠で撮影をしています。
24-105mmの標準レンズなら、換装しないでも届いたって感じです。

F4-5.6で絞り値が暗い望遠レンズとは言え、これだけ綺麗に発色してくれれば満足です。
このあたりは、さすがキャノン標準レンズと言うところでしょうか。

下の赤いのは「クロスハイカー」。

白いオープンクロカンは「エックス・ランダー」、ジムニーを今風にするとこんな感じ?

ただし、実用性が重要視される軽では、こういった無駄なボディラインを使ったモデルが発売されることは、まず無いですよね。
サイズの制限が無くならない限り…

日本の狭い道路では、こういったミニカーサイズがどうやっても必要なわけですから、役所が線引きをしないで市場の要求に任せればいいと思うのです。
安全性とデザインとが絶妙なバランスの世界に誇れるミニカーが、きっと誕生すると思うのです。

そういったモデルは、必ず世界でも欲しいという人はいるはずで、軽の輸出にも繋がるはず。

ステージ上の人物にズームする場合、ステージ手前であれば70mmあればこのくらいに寄ることができます。
この写真くらいで展示車両にコンパニオンを入れて撮る場合には70mmです。

腰上のアップにするには、これで124mmです。

このくらいのステージ上でコンパニオンのバストショットを撮影する場合、200mmオーバーまで寄っています。
革ジャンの細胞のシワまで、はっきりと写っています。

当然ながら、お肌のシワや荒れも…

最後に、フロアにいた優香似のスズキのコンパニオンさん。

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.