イベント

TAS2017 ホンダ・シビック

投稿日:

東京オートサロン2017で、日本国内では初公開されたホンダ・シビックです。

大きくなったボディ、どのくらい大きいのかを見てみると…

全長:4,630mm
全幅:1,800mm
全高:1,410mm

うわっ!横幅が1.8mって、クラウンと同じジャン。
せめて先代の1750mmなら、5ナンバー+αで説明が出来ますけれども、これを日本国内でセールスマンに売れ!と言うのはコクだわ。

見た目はワイド&ローで、格好いいとは思いますけれども。
これが「シビック」と言うのには、日本人のイメージからしたらちょっと無理があります、もうアコードのサイズ。
別の名前にした方が、よかったんじゃないかと思うのですが。

なんか、次期カローラも大きくなった3ナンバーに足を踏み入れるのでは無いか、という報道がありますけれども、トヨタは当然ながらこのシビックの売れ方には注目をしているでしょう。

まぁこの情報も、トヨタが市場の反応を見るために意図的にリークしたガセ情報と見るのが妥当です。
おそらくは、TNGA採用でプリウスと共通化したいんじゃないかなと。
C-HRも「フィット=ヴェゼル」と同じようなヴィッツベースでは小さ過ぎるということで、一回り大きなプリウスベースとなった経緯があります。

アウディA5のような、スポーツバックスタイルが今のセダンの主流です。
次期マークXも、クラウンとの差別化でこういう感じのスタイルになるのではないかと言われています。

タイプR プロトタイプ、ステンレスのようなボディカラー。
今回のオートサロンでは、レッドメタリックとこのガンメタのようなステンレスカラーが目立ちました。

これらの2色が、これからブームの人気カラーになるのでしょうか?
このガンメタって、デロリアンDMC-12の色だよね。

-イベント

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.