EUメーカー

ベンツRクラス

投稿日:

先日の日曜日、仕事で横浜へ行ったのですが、そこの代表がW124のセダンに乗っていました。
以前にもS124(ワゴン)を使っているのは知っていたのですが、最近セダンもレストアして復活させたそうです。
結構、綺麗に乗っていましたね。

その代表とは、普段は忙しくてなかなか出来ない話を昼食しながらイロイロとしていたのですが、4月以降にはなかなか面白そうな企画に発展しそうな気配です。
元、『TULLY'S COFFEE』の社員だったとは知りませんでした。

それはさておいて、今までは荷物がCLKのトランクで収まっていた物が、今回はトランクスルーを使って後部座席までを占拠。
それもギリギリの積載量となりました。

先日も後方が見えないくらいに荷物を満載して御殿場を2往復したこともあり、次第に現在の車では対応が出来なくなりつつあります。
荷物満載をすると、人を乗せて移動できないことも問題になりつつあります。
日曜日も、帰りに女の子を「送っていくよ」と途中まで言いかけて、そういえば後部座席に人がもう乗れないんだった…と訂正。

クーペにもかかわらず、ここまで荷物が積めること自体が日本車では考えられないことであり、そこはさすがに大陸の自動車メーカーではあるのですが…

近い将来にこのまま行くと確実に対応が出来なくなるために、ワゴンが必要になってきます。
現行EクラスW212の新型ワゴンか、W211のワゴンを中古で買うか、またはRクラスという選択が生まれます。
かつてはツーリングハイエースを所有していましたがこの時には必要がなくなったために売却、次は荷物と人を積載しての長距離もあり得るためにベンツかなぁ、と。

あとは、どこまでCLKで対応ができるのかというギリギリのところの判断なのですが。
必要が無いのに無駄にローンと税金等を支払うのも何なので…

たぶん、RクラスはEクラスのシャーシなのでベストバイは550よりも350なのでしょうけれども、オプションを付けていくとそんなに価格が違わないのですよね。
それよりも、ここまで重量級ですと例のCDIエンジンがベストなんだけどなぁ。
あの低回転域の強大なトルクと省燃費は、こういった車にこそふさわしいとは思うのですが。

今年後半か来年早々にもRクラスはフェイスリフトされるので、後期モデル狙いです。
でもこのRクラスは、ベンツが北米版オデッセイ(日本名/ラグレイト)を真似て作ったモデルと揶揄されていて、メイン市場のアメリカでも売れてないんですよね。

乗った感じは、その大きさを全く感じさせない小回り性の良さと、やはり高速の安定性は秀逸。
荷室の広さやレイアウトは、日本車のワゴンから比べれば一歩劣りますが、それは足回りのせい。
走行性能を重視しているためにマルチリンクサスペンションの出っ張りがありレイアウトには制限があります。
このあたりは、ユーザーから「狭いっ!」というクレームで日本車のようにホイホイと足回りのグレードを落とさないのは好感が持てます。

-EUメーカー

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.