ポルシェ

パナメーラのカタログ

投稿日:

ちょっと近所のポルシェディーラーへ行って来ました。

ベンツ、BMW、アウディの各ディーラーへは、気になる新型が出ればちょくちょく足を運ぶのですが、ポルシェのディーラーは近所にあるワリには初めて、初体験であります。
日本国内ではパナメーラが9月末から販売開始とのことで、実車をちょっと見てみようかなと。
東京モーターショーで見ることが出来ればそれで良かったのですが、今回ポルシェは不参加のため見る機会がありません。
もっとも、ディーラーの方が静かにゆっくりと見ることができますし、実際に触れて試乗もできますからこちらの方が良いのかも。

ちなみに日本国内での正式な発表は9月10日のウェスティンホテル東京での内覧会です。
こちらは既オーナーや、すでにパナメーラを申し込んでいるお得意様向けらしく、一見さんにはお呼びがかかりませぬ。
誰かポルシェに乗っていてお呼ばれする友達はいないのかよぉ~!
と、残念ながらいません。

まぁ、今スグにどうこうするわけではありませんので急ぐ必要はないので、ディーラーの発表会でいいです。
ディーラー発表会は26日(土)/27日(日)で、展示車はSと4Sとターボの3台が入るとのこと。
うち1台が試乗車となるようです。

パナメーラの価格表がまだ来ていないとのことでしたけれども、カタログはあるというのでこれをもらって話を聞きます。
このカタログ、ハードカバーで総ページ数161ページの豪華な仕様。
1,000万円を越える車だから当然か!?
とも思いますが、ベンツのカタログはペラペラですよ~。
ペラペラでもカタログは一冊500円くらいのコストはかかっているんですけれども。

中身もパナメーラの開発コンセプトからメカニズムなど、ちょっとした解説本並の内容を持っており読み応えがあります。
これは、時間のある時に読むのにちょうどイイです。
「○○のすべて」といった解説本を買う必要がありません。

とりあえずはパナメーラ、お尻がズングリしているところが気になるのですが、試乗記事などを見る限りにおいて後部座席も広く快適らしいです。
ベンツCLSは近いサイズですが、中はメチャクチャ狭いですから。
写真だとバックスタイルが恰好悪い感じがするのですが、ある角度から見ると恰好はいいと思うのですね、このあたりも実車を見て確認の必要があります。

ちょっと噂の「パナメーラGTクーペ」の話も出したのですが、これは言葉を濁してはいましたがセールスは存在を知っているような感じでしたね。
車の使い方から言えば、こちらの「GTクーペ」の方が合っているようにも思うのでありました。

-ポルシェ

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.