ポルシェ

ポルシェ918 スパイダー

投稿日:

次期GT-Rもハイブリッドで検討されているということで、世の中は怒濤の勢いでハイブリッドカーへと流れているようです。
プリウスのプログラム改修などカンケーねぇ…って感じで。(売れ行きにも影響してないみたいで)

昨日から開幕したジュネーブショーには、欧州の各メーカー共にハイブリッドのコンセプトカーのオンパレード。
07年頃のフランクフルトショーではディーゼルが主体で、重い電池を積んだプリウスをバカにしていたのですよね、EUのほぼ全てのメーカーは。
完全に手のひらが反っています。

そんな中で注目の1台が「ポルシェ918 スパイダー」のプラグイン・ハイブリッド。
・ 3.4リットルV型8気筒ガソリン 500馬力以上
・ 218馬力の電気モーターを併用したプラグイン・ハイブリッド
・ トランスミッション 7速2ペダルMTのPDK
・ 車両重量 1490kg
・ 0-100km/h加速3.2秒、最高速320km/h
・ 欧州複合モード燃費33.33km/L、CO2排出量70g/km

つまりはカレラGTよりも速く、プリウス並の燃費とCO2排出量を誇る文字通りスーパーな車。
どうやらスポーツカーのハイブリッドは、後輪をエンジンで駆動して前輪を電気モーターで補助するAWD方式が主流となる模様ですね。
フェラーリのハイブリッドも、この方式。

「Eドライブ」モードでは電気モーターのみで25kmのゼロエミッション走行も可能とのことで、渋滞の中でも無駄に燃料を消費せずに済みます。
かたや「レースハイブリッド」モードでは、ボタン操作により電気モーターでブーストがかけられるために追い越し加速もすさまじいかと…

コレ、カレラGTのように市販化されるのかな?
それとも、パナメーラGTクーペなどにシステムが継承されるのか。。。

非常に興味のあるところです。

-ポルシェ

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.