TAS2019

東京オートサロン2019 -ASTON MARTIN 意外な初出展

投稿日:2019年1月29日 更新日:

東京オートサロン2019 アストンマーチン ヴァンテージ

伝統の英国スポーツカーで100年の歴史を持つアストンマーチン

東京オートサロン2019、アストンマーティンです。

意外でしたが、メーカーとしてはオートサロン初出展だそうです。こういったレアなスーパーモデルは、東京モーターショーよりもオートサロンの方が顧客が近くにいるみたいです。そういった顧客へ向けて、サブブランドの「AMR」を周知させることが今回の初出展の狙いなのだそうです。

アストンマーチン「ヴァンテージ」、2017年に登場した4代目になります。メルセデスAMGが手がける4L/V8ツインターボの最高出力は510ps、「アストンマーティン史上最強ロードカー」と称されます。

さすが英国、安易に女性コンパニオンには頼らずイケメンで勝負です。

東京オートサロン2019 アストンマーチン ヴァンテージ

東京オートサロン2019 アストンマーチン ヴァンテージ

東京オートサロン2019 アストンマーチン ヴァンテージ

東京オートサロン2019 アストンマーチン ヴァンテージ

ハイパフォーマンスブランド「AMR」を日本で周知

今回のアストンマーティンは、ヴァンテージよりもこちらの「DB11 AMR」が主役です。

AMRとは「Aston Martin Racing(アストンマーティンレーシング)」の頭文字になります。
メルセデス・ベンツのAMGのような、高性能仕様のサブブランドです。

この他には、「ラピード AMR」が210台限定で発売されています。

アストンマーティン史上最強の5.2LのV12、最高出力はノーマルのDB11比で30psアップの639psを発生、0-100km/h加速は3.7秒、最高速度は334km/hだそうです。
エキゾースト音にもこだわっているとのことで、一度音を聞いてみたいところ。

東京オートサロン2019 アストンマーチン DB11 AMR

東京オートサロン2019 アストンマーチン DB11 AMR

東京オートサロン2019 アストンマーチン DB11 AMR

どうやら、ブリジストンとコラボをしている模様です。

-TAS2019

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.