ポルシェ

次世代ポルシェのインパネ

投稿日:

2018年にフルモデルチェンジする、カイエンのインパネだそうです。

カイエンは2代目が2010年~、フェイスリフトした後期型が2014年~なので、4年でマイナーチェンジ8年でフルモデルチェンジがモデルサイクルとなります。
初代も4年+4年の8年となっています。

となると、2018年は3代目へのフルモデルチェンジの年となるわけです。
ボチボチ次期モデルのテスト風景がキャッチされ始めています。

エクステリアは、それほど大きく変わるようでは無い模様で、ライト類が今のトレンドで薄く立体的になるくらいでしょうか。
注目はインテリアで、ナビ画面が大画面化しています。

このセンターコンソールのナビ情報画面の大型化は、メーカーを問わず今後のトレンドとなりそうです。
テスラが先鞭を付けて、プリウスPHEVが追随する形となります。
今後は車種専用設計で、2DIN規格は終わったナ。

こうなるともう、社外ナビがアフター市場で入り込む余地がありません。
pioneerとかKENWOODなんか、今後の収益の柱はどうするのでしょう!?
ポケモンGoのように、スマホアプリで稼ぐ会社になってしまうのでしょうか?

マカンのセンターコンソールを見ても判るように、今のポルシェはナビ画面の両側にエアコンの吹き出し口があるデザインです。

今後登場する新型は、エアコンの吹き出し口を下へと移動、ナビ画面を大きくして来るようです。
また、シフトノブの両側にV字に配置するスイッチ類もやめるみたい。

おそらくは、今後切り替わる911(タイプ992?)などもこのタイプへと変更されるかと思われます。

カイエンのメーター回りを見ても、やはりアウディのような液晶画面化は避けられず。
伝統の5眼メーターも、一部液晶画面になっていますね。

ちなみに、こちらは新型パナメーラの内装コンセプト。

残念ながら、新型パナメーラはここまでブッ飛んだデザインとはなりませんでしたけれども、インパネのスマホ化は時間の問題です。

-ポルシェ

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.