ポルシェ

まだ街中で見かけるのは珍しいポルシェ新型パナメーラ(2代目)

投稿日:2018年3月20日 更新日:

ポルシェ パナメーラ 2代目 テールランプ

今後のポルシェのテールはこのパナメーラを踏襲します

交差点で停止したところ、前の車はポルシェの新型2代目パナメーラではないですか。

目立つ車幅いっぱいに一文字のテールランプは、紛れもなくこれからのポルシェのアイコンとなるテールデザインです。

2016年に2代目へとスイッチしたパナメーラは、まだ実際に走っているのを見るのは珍しいモデルです。いったいどのくらいの台数が販売されているのか、ポルシェは頻繁に見かけますがパナメーラはレアな車です。

ポルシェは日本国内において約7,000台ほどを販売していますが、個々のモデルの販売台数の内訳は公表していません。

世界的にポルシェはマカンとカイエンのSUV系で6割を占めると公表されており、日本国内では911&ボクスター&ケイマンの2ドア系が45%を占めるとされています。これだけで100%を超えてしまいます。(笑)

つまり、残るパナメーラの販売台数は年間数百台、日本国内でのスカイラインの販売台数といい勝負で、500台にも満たない台数であると推測されます。それでも2017年は新型パナメーラの販売が好調で、過去最高を記録したと報道されています。

おそらくは、1,000台以下での話だと思われますが。それでも、これだけ高利益率のパナメーラがスカイラインよりも売れている可能性は高いのです。

加速時の排気音はさすがポルシェしていて、いい音を奏でています。
加速も優雅で美しく、速い。本気で加速されたら、とてもついていけません。

911が嫉妬する後ろ姿です。

ポルシェ パナメーラ4S
「911が嫉妬する、後ろ姿」ポルシェ2代目パナメーラ

初代パナメーラに比べて格段に格好良くなった後ろ姿 「911が嫉妬する、後ろ姿」 というキャッチコピーが付いている、2代目パナメーラです。 初代のあのボテッとした後ろ姿は、ポルシェAG社内でも失敗だった ...

-ポルシェ

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.