ポルシェ

ポルシェ

投稿日:

人生で一度は、ポルシェオーナーになってみたい。

と思った時に、今から数年間の間を逃したら二度とそのチャンスはやって来ないのではないかなぁと思ったりします。
でも、そこで911とかあり得ないし。

ポルシェ911を買うのであれば、一足飛びにフェラーリへ行きたい。
その方が、お金も時間も無駄が少ないと思うし。

一番、実用度が高いのが4ドアセダンのパナメーラ。
しかも、PHEVなら興味も倍増です。
都内の移動だけならば、ほぼ電気だけで走行が可能らしいです。

ちょっと、出先の駐車場で充電してるのって、今の時代ならまだ先進的で格好いい!?
逆にPHEVが増えて来てしまうと、充電渋滞が起きる可能性もあります。

でも、パナメーラはちょっとオジさん臭いところが気になります。
速いスポーツセダン、ではあるのですケドも。

そこで今、最も旬なのが「マカン」。

人気のSUV、なのにスポーツカー?!
話を聞いたら、マカンSだと納車1年半待ちだそうです。
今から契約しても、納車が2016年内に可能かどうか…というらしい。

このため、中古の方が価格が高くなっているとのこと。
真っ先に納車された人ならば、1~2ヶ月ほど乗って売ってしまえば、プラスが出たみたい。

ポルシェのメリットはここなんですよね。
中古でも人気が高く新車での販売台数が少ないことからも、下取り価格が高いというところ。
さらに最近では、円安であることから海外からのバイヤーが持って行ってしまうのだそうで、これで価格も上がっている。

ベンツは販売台数も多いだけに、値下がりが激しいのです。
GLEよりも、やっぱりこっちかなぁ…?

ちなみにHVは来年後半に追加されるとのこと、リチウムイオン電池で外部電源から充電が出来るPHEVでは無く、ニッケル水素で普通のHVらしい。
カイエンやパナメーラとはシステムが違うみたいです。

どうしても、スペースユーティリティの関係から、車体がカイエンよりも小さい分、PHEVには出来ないのだそうな。

運転席や後部座席に座った感じは、かなりタイトでそれほど広さは感じません。
これをスポーツカーと呼ぶ意味が解ります。
後部座席も頭上空間にやや圧迫感があります、スタイル優先で屋根が後部の方は下がって来ているため、やむを得ないところでしょうか。

内装の質感も、レバーはアルミだったりカーボンパネルだったりと本物が使われておりまずまず。
これがケイマンやボクスターだと、価格からどうしてもプラにメッキ塗装なのです。

ですが、これらは「オプション」なんだそうです…そこは、やっぱり"ポルシェ"です。
オプションで100~200万円は見なければいけないのが、"ポルシェ"。

ベンツ新型GLE(旧Mクラス)は、明日の28日が正式なジャパンプレミアかな?
こちらも見てみないと何とも言えませんけれども、おそらくは同じくらいの車体価格でベンツはフル装備でしょうね。

そんで、ベンツでは今年はくれなかったラウンジチケット、今回はポルシェでもらって来てしまいました。
GLEよりも、マカンにポイントが入った瞬間です…(笑)

やっぱり、物をもらっちゃうとね人間ってそっちへ気持ちが動くもんですよね。
金額に関係無く…

-ポルシェ

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.