メルセデス・ベンツ

GLCクーペ

投稿日:2017年3月25日 更新日:

メルセデスベンツGLCクーペ220d

GLCクーペは後ろから見た姿が美しい

今週、本国オーダーの足回りの部品が入ったとの連絡をもらったため、再び入庫の予約を入れにディーラーへと足を運びました。すると、そこにはGLCクーペが展示されていたのでした。

時間が経過したベンツでは、補修用部品の本国在庫も少なくなってきているようですが、生産終了のアナウンスは無いためある程度のオーダーが入ればまだ生産をするそうです。そのあたりが、15年超で在庫が無くなればキッパリと切り捨てられる日本車との整備における最も大きな違いでもあります。

ですから、EU車では長寿命の個体が多く生き残っているのです。

さて、本日は土曜日のためディーラーは大忙しで、サービスマンも手が足りていないようでした。担当の手が空くまでしばし、展示してあるGLCクーペを観察して待ちます。

メルセデスベンツGLCクーペ220d

クーペは後ろ姿が美しいのが特徴ですから、どうしても後ろからの写真が多くなります。

その最大の特徴でもある後ろ姿では、このCピラーの傾斜がきつくなっており、やはり見た目はスタイリッシュで格好いいところです。そのスタイルと引き換えに、後部座席へ世の高い人の昇降ではピラーが邪魔になります。

この前のGLEクーペは、横幅2m/全長5m超は都内で使うには大き過ぎますから、このCクラスファミリーの方が日本での取り回しは絶対的にし易いはずです。

メルセデスベンツGLEクーペ350d
メルセデス・ベンツGLEクーペ、美しさの代償はトランクの使い勝手

無駄を承知、スタイル優先で優雅なSUVのGLEクーペ メルセデス・ベンツGLEクーペです。 先日、フト街中で白いGLEクーペを見かけてものすごく格好良かったことから、展示車もしくは試乗車を置いてある店 ...

メルセデスベンツGLCクーペ220d 後ろ姿

基本的にテールランプなどはGLEを踏襲しており、SUVクーペのシリーズで弟分であることを主張しています。見た目もスッキリと、スタイリッシュになっています。

さてここで問題です、外からリアゲートを開ける場合、どこにスイッチがあるでしょうか?たぶんそうだろうなぁ、とは思ったのですがまさかの場所がスイッチになっています。

初めての方の場合、絶対にこのリアゲートは開けられません。質実剛健なベンツも、こんな洒落たことをするようになったのでした。

ベンツマーク、スリーポインテッドスターが押し込めるスイッチになっており、押すとロックが外れます。あとは電動でスーッと上がっていくという仕組みです。
このスリポインテッドスターにはバックカメラも隠れており、シフトがバックに入ると裏返ってカメラが出て来ます。昔のベンツでは考えられないくらいに、かなり洒落ているのです。

メルセデスベンツGLCクーペ220d 後ろ姿

アメリカの女性の社会進出がクーペモデルを支えています

ベンツCLSの成功以降、近年ではこういった4ドアクーペスタイルのモデルが新型でたくさん登場しています。以前から開発は噂にはなっていたのですが、AMG GTにまで4ドアモデルが準備されています。ポルシェにもカイエンクーペなるモデルが開発中で、テスト車両のスクープ写真が捉えられていたりします。

これは、アメリカ市場でこのテのスタイリッシュ4ドアの需要が活発であることが大きく関係しています。

1967年にアメリカでは「雇用機会均等法」が施行され、1970年代~女性の社会進出が進むことになります。この時に、女性の通勤車として需要があったのが「セクレタリー(secretary)カー」(=秘書の車)と呼ばれたスポーツクーペでした。
それがマスタングやトランザムといったアメ車達、それに続くフェアレディZやセリカといった日本車のクーペモデルだったのです。

特に日本車のスポーツクーペは、安価で壊れないということで通勤車には最適でもあったのでした。昔のポルシェのように、朝エンジンがかからないでは仕事に差し支えますから。

現在のアメリカ市場では、こういったスポーツクーペが全く売れません。これが日本車からも手ごろな価格の2ドアクーペが絶滅した最たる理由ではありますが、この「セクレタリーカー」を購入していた女性層が今ではこういったSUVクーペを購入しているのです。
アメリカでのカイエンやマカンの購入者、6~7割が女性だとされています。

つまりは、通勤や買い物で常に1~2人の乗車、キャンプやスポーツなどのアウトドア趣味は持たないため、それほど積載能力はいらなくてセダン+αがあればよい、でもセダンはレンタカーっぽくてダサイ、という層がこのクーペSUVを購入しています。

メルセデスベンツGLCクーペ220d テールランプ

GLCクーペ荷室の使い勝手は十分ながらも期待薄

スタイリッシュな4ドアセダンとして考えれば、実用にして十分。ただし、SUVとして荷物を満載することを考えると荷室は狭く、大きな荷物は乗りません。

ちょっと、キャンプや海水浴へテントや諸々道具を持って行くとなると、荷室の用量は足りません。というか、スタイル優先でCピラーがなだらかに落ちていることからトランクスペースの高さが無いのです。

もし荷室の広さにこだわるのであれば、普通のGLCかCクラスワゴンの方がよく、よりたくさんの荷物を積載することができます。

メルセデスベンツGLCクーペ220d

最近のは虫類的なベンツ顔、Cクラス及びGLCに準じます。道具としての車ということであれば、申し分ありません。

最近のベンツでは、クラスの区別が付かないとよく言われますが、ヘッドライトのスモールライトの眉毛の本数で見分けることができます。1本がCクラス、2本がEクラス、3本がSクラスとなっています。夜間では、テールランプの天使の羽も同様に数が違います。

メルセデスベンツGLCクーペ220d

インパネもCクラスファミリーであることを主張、Cクラスセダンと全く同じです。違うのは、SUV独特なアイポイントが少し高いくらい。

ただし、運転席からは優雅なクーペに乗っているという特別感は全く無く、GLCともインパネは共通であることからこれならGLCに乗っていても変わりません。後方視界や荷物が積める分、使い勝手はGLCに軍配が上がるからです。

メルセデスベンツGLC
メルセデスベンツGLC、人気のSUV選択肢の一つ

昔のGLK、どんどん大きくなるCクラスファミリー メルセデス・ベンツGLC200を代車で借りましたので、細かく見ていきます。 改名前の「GLK」に該当するモデルです。セダン系以外の名前が一気に変わりま ...

メルセデスベンツGLCクーペ220d インパネ

メルセデスベンツGLCクーペ220d インパネ

マカンに試乗した時は、右ハンドルの左足元が窮屈に感じたのですけれども、このGLCクーペは十分な左足元スペースがあります。さすがに今の時代、ベンツともなると右ハンドルも設計当初から考えられているようで、全く問題はありません。

メルセデスベンツGLCクーペ220d 運転席足下

後席足下も広く十分、運転席のポジションはかなり後ろへ寄っていても、これだけの足下スペースがあります。

気になったのは、ちょっとサイドシルが高いかなぁということ。このあたりは、ボディ剛性を上げる意味からしょうがないところなのかもしれません。

日本車のように、昇降性を優先してサイドシルを低くするよりも、安全面に対しては良心的なのでしょう。

メルセデスベンツGLCクーペ220d 後部座席足下

トランクスペースは、広さ的には十分なのですが深さがありません。背の高い荷物、例えば大きな段ボール箱とかは、テールゲートのガラスが邪魔になり入らないことも予想されます。

2人乗車ならば、後部座席を倒すことで前の方へ大きな荷物も入りますが、4人乗車だと荷物は制限されます。

メルセデスベンツGLCクーペ220d トランク

そういった使い勝手を考えるのであれば、コレ1台で何でもこなそうとするのなら、普通のGLCかCワゴンの方が使い勝手はいいでしょう。ベンツのワゴンモデルの使い勝手は、昔から定評があります。

Cクラスセダンと比べるのならば、このGLCクーペもありなのかな、とは思います。

-メルセデス・ベンツ

Copyright© くるまふぉと -Car Photo- , 2019 All Rights Reserved.